スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
五十嵐らんによる
塾で数学行き詰ってぼーっと考えてたらできた話(・・・
お暇な方は見てやって下さい壁│ハ・Å・`)) ///
何か純ロマと愛ロマが混ざったような感じです;;


追記より


兄チャン姉チャンそして天国の父上母上様,

ごめんなさい,高橋美咲は今確実に道を踏み外しています…。




スキということについて本気出して考えてみた




最近。

ウサギさんに触れられる回数が増えた でももう別に気にしてない

とか

一緒にいることが当たり前で特に不思議に思わない

とかむしろ

離れるなんてあんまり想像できない

とかとか

それよりウサギさんの事を好きだって言ってくる人を何だか好きになれない

とかとかとか


…どうしよう………

―…やっぱり俺,ウサギさんの事…?;;



一緒に住み始めてどれくらい経つだろうか。
兄の親友といえど,普通なら居候なんてさせてもらわないだろう。
ましてや,最年少で直森賞を受賞あそばれる程のベストセラー作家で
宇佐見財閥の御曹司,なんて人のところに……
自分でも自分の境遇は何かとんでもないと思う。
そういえばウサギさんの第一印象は最悪で,すっごく気持ち悪くて
でも今は…

なんて堂々巡りをしながら無意識にため息が口からこぼれていた。


あーあ,っていうか何で俺はこんなにウサギさんの事ばっか考えてるんだよ!!?


視線を感じ,ふと顔を上げると案の定俺が今悩みを馳せている張本人と目が合った。
リビングで仕事をしているウサギさんと食事の片づけをしている俺の間に
微妙な沈黙が流れる。
無言で見詰め合ってる事に耐え切れず,俺の方から口を割る。

「な,何・・・」

あれ,今俺顔赤いかも

「お前,今俺の事を考えてただろう」

「はぁ!!!???」


自信ありげなその物言い方に
それとも図星をつかれたからか
俺は思わず声を荒げてしまった。
洗っていた食器がガチャガチャと音を立てる。


「そんな訳あってたまるか,この自意識過剰変態ナルシスト!!!!!」


やばい
今俺確実に顔赤い・・・・・・
内心かなり焦っていて
そんな事実を肯定して甘い言葉を言うなんて選択肢は
俺の中には全くなくて
口から出るのはこんな言葉ばかりで。
少し言い過ぎたか,なんて事も考えていたら


「素直になれ,俺はお前の事ならなんでも知っている」






どうしてこの人はこんなにおめでたいのだろう…
真顔でそんな事を言ってのけるウサギさんに俺は呆れに似た表情を浮かべた。
すると
ウサギさんは仕事の手を止め台所の俺のところまで近づいてくる。


「全く・・・体に聞いてみるしかなさそうだな」


にこにこと笑みをうかべて洗い物をしている俺の腰に手を回し
顔を近づけてくるその人に


「ふざけんな!!いい加減にしろ!!!」



声をあげようとした。
泡がついてる両手はウサギさんの片手で封じられ
ついでに唇も塞がれた。
吃驚して目を見開いて,引き剥がそうとしても,そんなことができるはずもなく。
苦しくなって
酸素を求めて少し唇をひらいたすきに舌を入れられてしまった。
しまった,やられた。

「・・・っ,ふ・・・・・・ぅ・・・」


身を引こうとすればするほど距離は近くなるばかりで。
どうしよう。
何も考えられない…


ぞくぞくとしたしびれが背中をつたって腰まで到達し
手が開放されても押し返す事は出来なかった。
しなかった。

コイツは分かっててやっている―・・・

そのことを自分でも分かっているのに
俺は拒めない。
拒まない。
自分自身でも分かっているのではないか?
自分がこの人の事を―・・・


「何だ,また考え事か? なら手加減はいらないな」


今度はニヤリと不敵な笑みを浮かべたウサギさんに俺は抵抗する暇も与えてもらえず
そのまま夜が明けるまで啼かされ続けられてしまったのは
言うまでもない話。








-----------------------------------------------------------------------------




・・・五十嵐らんによる,-誘い受けについて本気出して考えてみた-(←主旨)
・・・・・・の,はずだったんですが・・・いつのまにか
-ツンデレについて本気だして考えてみた- に変わっていた件(…




ここまで読んでくださった方ありがとうございましたm(__)m




2008-07-21 11:30 | ロマンチカss | Comment(0) | Trackback(0)
Comment
コメントを書く
#

管理者にだけ表示
Trackback
Trackbak URL:http://xith10.blog43.fc2.com/tb.php/73-c1c072fd
06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。